精神医学 3,200文字レポート「精神療法及び環境・社会療法について述べなさい」清書 終

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数295
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神療法及び環境・社会療法について述べなさい
    今日、高学歴化や女性の社会進出により老若男女、全ての人々が多大なストレスを感じている。そしてストレスを発散する間もなく毎日の仕事や学業に追われ、回避できずに精神障害に障害を抱えてしまうケースが増加している。増加する精神障害に対応し、精神医療の在り方も時代とともに大きく変化し、多くの研究がなされ、様々な環境説が説かれ治療法が実施されている。
     精神科の治療法には、主に身体的療法(薬物・電気ショック療法)、精神療法、環境・社会療法の3つが挙げられる。これらの治療法は、それぞれ精神障害者の生物的な面、心理的な面、社会的な面に対して行われ、精神科の場合、心理的要因や環境変化によるストレスで病状が悪化ことが多いため、治療と同時に精神科リハビリテーションを心がける必要があるといわれている。
     精神療法は、心理学的方法によるもので、精神科以外のプライマリ・ヘルスケア担当医、一般精神科医、精神療法専門家などが担当しており、患者と治療者との間に治療以外の個人的関係を持っていてはならず、職業的関係が成り立つことが前提となっており、学問的妥当性のある理解と技法が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。