カウンセリング演習 3,200文字レポート「代人の生活とカウンセリングについて考え、カウンセリングがどうあるべきかを述べよ」清書 終

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数163
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代人の生活とカウンセリングについて考え、カウンセリングがどうあるべきか述べよ。
     現代社会では鬱病やその他の精神障害が極めて増加している。これは現代の一時的な現象ではなく時代の風潮とも言え、現代社会はストレス社会とも呼ばれ、おそらく今の社会体制をとり続ける限り、どんなに人々が努力をしても、ストレスそのものを無くすことは難しいであろう。
     ストレスは、例えば、過労、悪い人間関係、不安など、自分の身体や心が苦しくなったり、嫌な気分になったり、やる気をなくしたりするような刺激とその状態をいう。古くから日本人は、人間社会においてストレスをためずに生き抜く知恵というものを風土・文化の中で築き上げてきた。かつて、家族は一つ屋根の下に住み、近所付き合いも深く、地域生活はとても重要なものであった。しかし、戦後、知識や権威に執着し続け、社会はたぐい稀なる近代化をとげ、現代人の生活に物の豊かさと利便性を供与したが、そのために人間はとても忙しくなり、自分の時間が持てなくなるほど働き、その結果、核家族化や都市への人口の流出、プライバシー問題等様々な社会問題もあいまって、人間関係が希薄した。
     本来、人間は認..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。