社会福祉原論 3,200文字レポート 「福祉国家の思想と原理について」 清書 終

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数311
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       福祉国家の思想と原理について
     福祉国家の始まりは、第二次世界大戦中のイギリスにおいて、戦時下の国民生活の一般的困窮状況の中で、個々人の努力ではどうすることもできない一般的生活水準の維持向上と、すべての国民にできる限りの快適な生活を保障するために、1942年、いわゆるベヴァリッジ報告書が提出された。このベヴァリッジ報告書の中に「社会保険および関連する諸サービス」とある。これは、イギリス政府によって戦後の社会保障・社会福祉に関する国家的基本設計図として取り上げられた。そしてここから「ゆりかごから墓場まで」と言う言葉が生まれ、すべての国民の幸福を保証しようとする国家的福祉計画具体化の始まりであり、これによってイギリスは世界最初の福祉国家と呼ばれることとなったのである。
     この福祉国家の政策的中身は、社会保険を中核に、それに公的扶助を補足的に組み合わせて、国民一般の「窮乏」からの開放を実現し、さらに、すべての国民の快適な生活を保障するための直接個々人にかかわる政策や制度としての「社会福祉諸サービス」を有機的に統合することによって、社会保障制度と社会福祉サービスを一体化した形で具体化し実..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。