児童福祉論 3,200文字レポート2 終了

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数146
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    少子化福祉

    代表キーワード

    児童福祉論少子化

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「少子化」の要因と児童に及ぼす影響について。

     現在、わが国は少子化状態にあるといえる。では、いつから少子化傾向になったのであろうか。少子化に始まりは、1955年頃から始まったと言われている。戦前は1世帯あたり平均5人の子どもがいたが、1955年以降3人を下回り始め、合計特殊出生率は、2003年には1.29人となり、人口を維持するのに必要な2.08人を下回る状況が続いている。
     このような少子化が進んだ要因は以下の3つが挙げられる。
     

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。