神奈川県のオオタカ保全

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数373
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    神奈川県のオオタカ保全計画について
    問題点
    1. オオタカは生態系の頂点に立つため、体に有害物質がたまりやすい。
    つまり環境汚染の影響を受けやすい。
    2. オオタカの巣はカラスの巣と間違えやすく、撤去さることもある。
    3. 開発により、オオタカが巣を作るのに好む樹木が減少している。

    神奈川県のオオタカ
     神奈川県では平成二年に初めてオオタカの繁殖が二箇所で確認された。
    その後県内各地で繁殖が確認され、横浜市などの都会に残る山地にも生息していることがわかった。平成16年には古巣を含めて61箇所発見され、うち繁殖活動が確認されたのは36箇所であった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    神奈川県のオオタカ保全
    オオタカ(大鷹、学名: Accipiter gentilis fujiyamae)
    【Sibley分類体系】
    鳥網 Aves
    コウノトリ目 Ciconiiformes
    コウノトリ亜目 Ciconii
    ハヤブサ下目 Falconides
    タカ小目 Accipitrida
    タカ科 Accipitridae
    タカ亜科 Accipitrinae
    タカ科の鳥。翼長は雌33cm、雄29cm内外、背面は暗灰色、腹面は白地に褐色の
    横帯がある。ユーラシア~北米の中部に広く分布。日本では四国の一部、本州、
    北海道の低山から平地の林で繁殖。冬は平地でも見る。
    松などの樹上に巣を作り、動物特..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。