754 初等国語科教育法 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数432
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    国語教育学

    代表キーワード

    初等国語科教育法教育学754

    資料紹介

    初等国語科教育法の1単位目です。2010年の11月に提出し、合格をいただいたレポートです。参考にして頂けたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    754初等国語科教育法 1単位目
    第5学年に、文章表現の技能を的確に習得させるうえで必要なことを、自ら「文章」を書き、かつ、以下について論述する。
    □2-a :・歴史:元々は岩木川の水運によって発展した町。弘前藩の代官所が置かれ、町の構造に枡形が組み込まれているのが現在でもわかる。明治以降にリンゴがこの地域にもたらされると、りんごの名産地となる。昭和中期まではりんごの出荷が鉄道に拠っていた為、板柳駅は大いにぎわった。
    ・地理:青森県の北津軽郡に所在する町。津軽平野の中心部に位置する。弘前市との町境には一級河川の岩木川が流れている。板柳町と弘前市を繋ぐ播龍橋がある。
    ・施設:板柳町役場、板柳消防署、板柳町立病院、、板柳町ふるさとセンター、板柳高等学校
    ・著名人:高見盛精彦(力士)、福士加代子(陸上選手)
    □2-b りんごの名産地として知られ、財団法人板柳町産業振興公社りんごワーク研究所のりんごに関する総合施設である板柳ふるさとセンターが建設されるほどで、そこでは品種見本園があるほか、ジュース、ジャムなどリンゴの加工品工場もあり、Ringo Workというブランドとして県内外で販売をしてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。