ゼミナール人事労務

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数207
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ゼミナール人事労務 第1章
    経営戦略と人事労務 ~人事労務は何のためにあるのか~
    1.日本企業はどのような動きをしているか
    1990年以前:終身雇用が慣行し、賃金上昇が当たり前の安定した雇用環境であった。
    1990年代半ば以降:賃金も改定され、早期退職を優遇するなど、人員削減を図っている。
    なぜこのような変化が起きたのか?
    企業業績の悪化が起きたからとともに、経営戦略上の重要度が高い従業員と低い従業員などが存在し、それぞれに与える役割を明確に違えてきたからである。
    人事施策は経営戦略に関係していると言えることになるのである。
    2.経営戦略と人事戦略
    経営戦略とは?
    企業が経営理念を具体化し、達成するために努力する道筋。
    経営戦略実行のためには、財務、マーケティング、組織、人事など経営全般にわたり、具体的に何を進めるべきか個別に検討した戦略が必要となる。
    そこで・・・
    個別戦略の中の1つ、人事戦略もあらわれてくる。
    人事戦略は経営遂行に必要な人材像の明確化が必要である。
    どのような能力の人が ・何人
               ・どの部署に
               ・どの地域に
    必要かを考えなく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。