環境マネジメント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数72
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自然(緑・地形・地質・水文)等 + 緑比率

    小田急線沿いには広がる田畑。海老名駅周辺200mの商業地を抜ければ、広範囲に渡り田畑が残る。
    公園、集合住宅、中学校周辺には人口樹(桜・銀杏)の樹が植えられている。また、同様にツツジの花が植えられている。
    近くを流れる相模川沿いの道には桜、川に沿う道路のみが補整されており、以外はされいまだ田畑が残っている。(現在は、道路開通により工事中補整され始めてきた。)
    田畑では、蛙・ザリガニが生息し、春には蓮華畑となる。
    地形
    あゆみ橋を境に、上流の川沿いは補整されず崖となっており崖崩れの危険。(多々以前に起きている)
    上記より下流部分は、あゆみ橋横に川まで降りるアスファルトがあり、崖崩れはないが補整により、傾斜はなだらかだが大雨時の洪水あり。
    水文
    ダムが遠く上流にあるため川の流量、流況の変化は多い。(少量の雨により中州・河原の面積が変化)
    騒音、振動、危険物、水質
    騒音・振動
    JR相模線、小田急線、2線による騒音。(2線に沿うように集合住宅が存在)
    相模川にかかる厚木方面への橋の集中と少なさ(あゆみ橋、相模大橋)による自動車の騒音。
    上記の2線..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。