李氏朝鮮の美術史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数424
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、絵画
    仏教絵画
    ・仏像を祀る殿閣の壁に描かれる荘厳用⇒壁画
    ・本尊の後壁に奉安する礼拝用⇒後仏幀画
    ・法会を野外で行うときに本尊の代わりに高く掲げる⇒掛仏画
    ・仏教の肖像⇒幀画
    ・高僧の肖像⇒影幀
    ・経典の内容を圧縮・描写⇒経変相図や写経変相図
    高麗時代後期
    ⇒浄土宗が貴族・豪族の間で大きく信奉される
    →感無量寿経変相図が含まれた阿弥陀系仏画が主流となる
    代表作:阿弥陀如来立像、阿弥陀如来坐像、楊柳観音菩薩半跏像
    特徴⇒朱と緑を基調、金泥の丸文、掌に千輻輪文→華厳思想に基づいた超人的な身体が特徴である
    朝鮮時代(文禄の役以後)
    ⇒仏教文化の新しい復興期
    →多くの寺院が復元、改修
    =多くの仏..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。