小児栄養

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数289
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     小児期は、成長・発達の最も盛んな時期であり、健全な発育のためには、食生活を通じて摂取される栄養素が大変重要である。この時期に摂取される栄養素は、体を作り、発育を支える土台となるものである。
     成長期の子どもは、血や体を形成し、エネルギー源となる、糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルの五大栄養素及び、骨と丈夫な体を作るカルシウム等をバランス良く摂取することが大切である。
     五大栄養素を日常の食事によってバランス良く摂取することにより、それらが体内で影響し合って働き、免疫力の強化につながる。
     また、成長期には、骨の成長と、筋肉の発達のためのカルシウムとタンパク質が不可欠である。人の骨量は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。