子どもとの信頼関係を築くために、教師にとって大切となる考え方や立場を取り上げ、それについて論じなさい。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数5,465
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教師として子どもと信頼関係を築くためには、まず、「教育」とはどういうものであるかを捉える必要があるだろう。これについて、先覚者の論から学ぶと三つの教育観に分けられる。
     一つ目に、ルソーやフレーベルに代表される「成長助成の教育観」がある。ルソーは、教育とは、外から与えられるものではなく内からの発展であり、子どもの自然の歩みにしたがって「人間を作る技術」であると述べている。また、フレーベルは、子どもの創造的な自己活動に価値を見出した。これは、教育とは、子どもの成長を助けること、育てることであるという教育観であり、成長する力をつけることが重要である、乳幼児期の教育に携わる上で、大切にすべき考え方..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。