「幼稚園教育要領」における「幼稚園教育の基本」について考察しなさい。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,409
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第一に、「幼稚園教育の基本」として、保育、幼稚園教育とは、「環境を通して行う教育」であるということができる。これは、新幼稚園教育要領においても不変であり、第一章の総則において「幼稚園教育は、幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うものであることを基本とする。」と定め、また、「このため、教師は幼児との信頼関係を十分に築き、幼児と共によりよい教育環境を創造するように努めものとする。」としている。したがって、「幼稚園は、幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。」明示されている。
     幼稚園教育要領において、幼児の発達のために重要なことは、幼児一人一人が、それぞれ「環..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。