【必ずスコアが出せる】TOEFL Study Group 勉強会レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数13
閲覧数419
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「学問に早い遅いはあるが、近道はない」
    一喜一憂しない。コンコンとやり続ける!

    「他人と比べない!比べるなら、自分が差し出した学習量に目を向けること」
    TOEFLのリスニングは楽しい反面、スコアに短期間ですぐに結びつかないので、思ったより難しく感じているのではないでしょうか?
    スコアが出ないからといって、投げ出してしまわないで、ここからどう勉強するかが大切です。
    どんな上達した英語学習者さんも、学習時は、毎日のエクササイズは欠かしていません!
    英語を流したまま、何度か聞いていると、確かに少々慣れて飽きてきてしまいます。ですが、数回練習しただけで英語が出来るようになるほど、英語は甘くはありません。(そんなことなら、皆英語が話せ、留学してるはずです!)
    学習方法を知っている人にとって、最大の敵は、「自分の甘さ」だと言えるはずです。ですから、たまたま運よくスコアが出てしまって、実力を蓄えないで留学するほど危険なことはありません。(なぜなら、大学の授業が聞けないのに、留学しているからです。)
    学問についていえるのは、「学問に早い遅いはあるが、近道はない」と言うことです。一喜一憂せず、本当の自分の実力に目をむけ、コンコンとやり続けることです!

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    【TOEFL Study Group 勉強会】
    Ⅰ.TOEFLテストとはなにか
    1.学術の基礎知識を問う
    2.論文から必要な情報を取ってこれるかを問う
    Ⅱ.TOEFLテストの内容
    1.ボキャブラリーは MUST
    2.リーディング問題
    ⅰ.『リーディング 270』
    ⅱ.パラグラフリーディング
    3.リスニング問題
    ⅰ.どうやって聴くのか
    ⅱ.代名詞と名詞の一致
    4.スピーキング問題
    5.ライティング問題
    Ⅲ.TOEFL学習の方法と TSGの環境
    1.TOEFL 学習の前に
    2.TSGの環境
    3.学習のマネージメントとは
    Ⅳ.おわりに
    TOEFL 学習、そしてすべての学習にいえること
    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    Ⅰ.TOEFLテストとはなにか
    1.学術の基礎知識を問う
    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    まずTOEFLは大学学部、大学院にはいるためのものなので問題の題材は
    1、アカデミック的なもの
    2、アメリカの大学生活について
    です!
    何故こういった題材かというと
    TOEFL自体が大学にはいるためのものなので
    そう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。