認知的葛藤(ストループ課題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数2,002
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.目的
    2.方法
    3.結果
    4.考察
    5.文献

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    認知的葛藤
    ―ストループテストを用いて―
    <目的>
    人は認知を自動的に行うが、認知する際に、あるパターンの刺激が他の刺激を妨げることがある。
    Stroop(1935)は、インクの色と不一致の式名単語のリストを提示して、単語を読む、単語の色を応えるなど、課題を考案し、所要時間を測定した。その結果、単語のインクの色の呼称は、小さな四角形の色紙のインクの色の呼称と比較して、所要時間が長くなり、色名単語から大きな干渉が生じた。したがって、単語の名前と色が一致していない単語は、中立単語(単語の名前と、単語の色の間に関連性がない単語)の命名にかかる反応時間は、通常に比べて遅くなることがわかった。この現象は、Stroopの名前をとって、ストループ効果と言われ、色と語の意味とが不一致なカラーワードに対して色命名(color naming)反応がなされるとき、反応時間が増大し反応が困難であるという認知的葛藤(信念や態度、観念や施行における様々な象徴が要求する反応パターン間の葛藤)ないし効果のことをさす。ここでいう葛藤(conflict)とは、2つ以上の欲求が同時に存在し、いずれを選択するか迷う状態をいう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。