女性と子どもⅡ 第二課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数207
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学、全学共通科目「女性と子どもⅡ第二課題」のレポートです。
    評価は、S判定です。
    まる写しではなく、あくまでも参考程度にお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    女性と子どもⅡ 第二課題 第三設題
     初めに住居とは、外敵や自然環境から身を守るという役割と、次第に炉に燃える火を囲むことにより家族だんらんの場としての役割、そして家族が固いきずなで結びつきながら、日々の生業に励む場としての役割をもっている。そして、住居は人が住む場としての役割があると同時に、家族を構成し、家庭の文化を継承し、人間性を育む重要な場であるといえる。
    そんな重要な場であり、生活の拠点となる住居は、必要な第一の条件として、安全性が挙げられるのではないだろうか。台風や大雨の自然災害により、崖崩れや住宅崩壊の事故、山林の無計画な伐採や宅地造成の不備などが原因で起こる人為的災害といったよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。