予想なき心臓と緊急救命処置

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数148
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    電気芸術心臓保健美術美術館記録音声原因医学

    代表キーワード

    芸術

    資料紹介

    A評価をいただいております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    予想なき心臓と緊急救命処置
    序論
     芸術の秋と言われるこの季節で、美術館へ足を運ぶ人は多い。芸術とはなにか、『諸芸術の照応』の著者である<E・スーリオ>は次のように語っている。
     「芸術とは、人間の活動のうちで事物を明白かつ意図的に作り出す活動であり、より一般的にはその存在が目的であるような特異な存在を作りだす活動である」としている⁽¹⁾。
     国立美術館などの会場では、有名な画家の作品を展示し連日、多くの人々で賑わせている。 美術館の中に一歩踏み入れると、独特な空間で、一瞬にして静まることがある。
     その美術を鑑賞中に隣の人が意識を失って倒れた。突然と倒れる原因としては、不整脈を引き起こしたと推定し、レポートの課題を考察していくとする。
    本論
    ⅰ.心臓と脈拍について
     心臓と脈拍は次のようにできている。
    「心臓は二つの心房と二つの心室からできている。このうち血液を全身に送り出すのは心室であって、心室は自分で血液をぐっと吸い込み、心房がもう一押し血液を心室に送り込んで心室に充満させた後、勢いよく血液を送り出す。1分間に60~80回心臓は収縮します。このリズムは右心房にある洞房結節から始ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。