真理関数の理論と量化理論を説明せよ。また、両者の相違点を説明せよ。

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数880
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    論理学真理関数量化理論

    代表キーワード

    論理学

    資料紹介

    2年がかりで勉強することとなり、やっと合格しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:真理関数の理論と量化理論を説明せよ。また、両者の相違点を説明せよ。
    はじめに
    真理関数理論と量化理論はいずれも、演繹的推論において欠かせない推論方法であるこのレポートでは、第1章で真理関数理論、第2章で量化理論について、実際の推論などもあげながら特徴を説明し、また第3章では、両理論の違いについて補足を加え説明すことを目的とする。
    第1章1:理論の概説
     
    真理関数理論とは、a)文の真偽、b)文どうしの接続のしかた、の2点をもとに、文や推論を記号化し、その真偽と妥当性を分析するものである。扱う文は、真偽を述べうる対象としての平叙文だけである。…(1)
    また記号化の際は、文の意味内容は無視し、真偽についてのみを分析の対象とする。
     この"真偽"を、真理関数理論では「真理値」という。そして「この文のについて、真偽を論じられる」ということを、「この文は、真・偽を論じられる」ということを、「この文は、真・偽という真理値をもつ」と表す。…(2)
    ある文が真ならその真理値は「真」、偽なら「偽」となる。この捉え方は文や推論を記号化し、関数にみたてて分析するのに大いに役立つ。なお、真は「T」、偽..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。