ニュートン法実装例

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数244
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ニュートン法のC言語実装例と考察

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    以下の方程式をニュートン法で説く
    (1) (2)
    (3) (4)
    これらの方程式の解の数とだいたいの位置を把握するためグラフを描く.
     <図表1>
    これらのグラフから,解の数はそれぞれ(1)が1つ,(2)が3つ,(3)が2つ,(4)が7つあることが分かる.解の数とおおよその位置が分かったので,これからニュートン法で解を求める.ニュートン法を行うプログラムが次のソースコード1になる.なお,囲み線の部分はそれぞれの問題の関数とその導関数を定義する.
    [ソースコード1]
    #include <stdio.h>
    #include <math.h>
    double f(double x){
    return        関数      ;
    }
    double df(double x){
    return       導関数      ;
    }
    main(){
    double x, eps, fx, dfx, d;
    int i = 1;
    printf("終了するときは「0 0」を入力\n");
    while(1){
    scanf("%lf%lf", &x, &eps);
    if(x == 0 && eps == 0..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。