同志社大学:ワイヤレス通信期末レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数633
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    理工学部インテリジェント情報工学科
    講義科目:ワイヤレス通信
    2008年度過去レポート資料
    通信の歴史

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1.通信の始まり
     通信の歴史の上で、最古の通信手段はのろしと言われている。記録に残っているもっとも古いものは紀元前1184年、トロヤ陥落に際してギリシャ軍がのろしを使い、8か所の中継でエーゲ海を渡り、555km離れたミケネ宮殿まで1日足らずでその情報を伝えたという記録がある。また、紀元前100年ごろのギリシャで、のろしによるテレグラムというものが考案された。それは、5つののろしを同時にあげられるのろし台を2組準備し、それぞれの台からあげるのろしの数を1つないし5つに選ぶと、5×5の25種類の情報を送ることができる。実際にはギリシャ文字は24文字であるから、この方法で文字による通信ができた。中国でも紀元前2~1世紀には敦煌周辺の砂漠地帯に、火炎信号のための44か所の見張り台があったがことがわかっている。なお、太鼓など、音も情報伝達に使われたが、音波は風により消されたりもするし、光に比べて通達距離が短かったと考えられる。その他に、人が紙を発明してから、紙媒体で人または伝書鳩などが運ぶことによって情報通信を行ってきた。のろしに至っては最初の光通信として当時の通信手段では最も高速なものである..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。