佛教大学 家庭科教育法 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数665
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題に対して、分かりやすくレポートとしてまとめた。

    (1)新しい小学校学習指導要領家庭科の示す学習内容A~Dについて、今あなた自身が実践できているか述べなさい。(2枚程度)
    新学習指導要領の示す学習内容は、大別してA「家庭生活と家族」、B「日常の食事と調理の基礎」、C「快適な衣服と住まい」、D「身近な消費生活と環境」の4項目である。以上の点について、私自身が実践出来ているかを述べたい。
    A「家庭生活と家族」学生とは違い社会人として生活する今日、家庭で過ごす時間が減ってきたものの、休日予定のない日は家族と過ごしたり、食事したりと、少ない時間を大切にし、家族との会話を心がけることができている。近隣の方との関わりは、あいさつ程度で、連絡を取り合ったり、一緒に出かけたりといった交流はあまりない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)新しい小学校学習指導要領家庭科の示す学習内容A~Dについて、今あなた自身が実践できているか述べなさい。(2枚程度)
    新学習指導要領の示す学習内容は、大別してA「家庭生活と家族」、B「日常の食事と調理の基礎」、C「快適な衣服と住まい」、D「身近な消費生活と環境」の4項目である。以上の点について、私自身が実践出来ているかを述べたい。
    A「家庭生活と家族」学生とは違い社会人として生活する今日、家庭で過ごす時間が減ってきたものの、休日予定のない日は家族と過ごしたり、食事したりと、少ない時間を大切にし、家族との会話を心がけることができている。近隣の方との関わりは、あいさつ程度で、連絡を取り合ったり、一緒に出かけたりといった交流はあまりない。
    B「日常の食事と調理の基礎」小さい頃から、朝昼晩の三食は絶対にとるように言われていたので、成人した今でも,三食は必ずとる習慣がついている。しかし、外食などが増えて、栄養の偏りがあったり、夜遅くの食事で盛り付けなどを気にせず食べてしまったりと、バランスの取れた食事ができているとは言いがたい。
    C「快適な衣服と住まい」学生時代にズボンの裾上げのアルバイトを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。