621 図画工作科教育Ⅰ試験対策

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数442
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    目を通しておけば合格はできると思います

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 図画工作科教育Ⅰ 試験対策
    1.図画工作科の指導者に求められる教師像について考察せよ。
    図画工作は外の教科と違った性格を持った教科である。しかし特殊な教科だからと言って教師が特殊な才能や技術と必要とするものではない。美術教育が一般教育の中で人間形成として最も重要な手段であることをよく理解して、評価や指導について深い理解をもつように努めるのであれば、指導していくことは可能である。
    ①豊かな美的情操の持ち主であり、子どもと一緒になって絵を描いたりどろんこ遊びをしたりする)
    ②児童に対して深い愛情の持ち主である
    ③ユーモアに富み、明るい人柄である。
    ④芸術に対する理解と教養のある教師であること
    ⑤美的感覚を身につけた教師である
    ⑥表現力と鑑賞力があること
    ⑦児童に対する理解があること
    以上のことが指導者として求められる教師像なのである。
    2.小学校学習指導要領の総括目標を掲げ指導者としての解釈と関与とを述べよ
    総括目標は「表現及び鑑賞の活動を通して、つくりだす喜びを味わうようにするとともに、造形的な創造活動の基礎的能力を育て、豊かな情操を養う。」である。
    指導者としては①自己表現と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。