631 体育科教育Ⅰ 試験対策

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数367
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    試験対策に過去問をまとめました。
    これを覚えて合格しました。
    自分自身にわかりやすいようにまとめているだけなので
    完璧に勉強されたい方は補足が必要だと思います

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 体育科教育Ⅰ 試験対策
    ○学校体育で扱う運動(スポーツ種目)を分類し、そのねらいについて説明せよ。
    ①体操、器械体操
    低学年では基礎となる感覚を身につける。中・高学年では、児童同士が豊かな関わり合いを持ちながら活動する中で一人ひとりが活動意欲を高め、運動の楽しさや達成感を味わえるようにする
    ②陸上運動
    仲間と競い合う楽しさ・調子よく走ったりとんだりする心地よさを味わう。走る・跳ぶ動きを身につけることができる。意欲的に運動に取り組むことができるようになる。
    ③水泳
    児童の能力にふさわしい課題に挑み、活動を通して水の特性について知り、水に慣れ親しむことで課題を達成する喜びを味わうことができる。
    ④ボール運動
    運動に進んで取り組み、ルールを守り仲間と力を合わせて競争することの楽しさや喜びを味わう。場や用具の安全に気を配ったりすることができるようにする。
    友達と仲良く楽しく遊ぶことを学ぶ。きまりを守り、安全に気をつけることができるようにする。
    ⑤表現運動
    児童一人ひとりが踊りの楽しさや喜びに十分に触れて楽しみ、表現を感じ取る力、表現する力を身につける。
    ※達成を見通す計画が必要である..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。