人権(同和)教育 佛教大学 レポート B判定

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数1,465
ダウンロード数184
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育学部の「人権(同和)教育」のレポートです。戦後の同和教育史の記述が足りなく、B判定でした。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。
     一、同和教育の意義
     (1)同和教育とは
     同和教育とは「同和問題を解決するための教育の営みの総称」であり、「一人一人の教育権を保証するとともに、『確かな学力』の定着を目指し平和的な国家及び社会の形成者として真理と正義を愛し、個人の価値を尊び勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な」(※1)児童生徒を育てる取り組みである。
     (2)同和教育の意義
     教育の根源である学力保証、家庭・地域との連体、習熟の程度による指導方法の工夫・改善をする個別指導、R0719人権(同和)教育設題1 1
    そして「生きる力」を育てる取り組みといった同和教育の主な内容は、教育の原点ともいえる。 
     二、同和問題の歴史
     (1)同和問題の始まり
     同和問題、つまり部落問題の発端は江戸時代のエタ・非人の身分制度によるものとされている。住んでいる地区により服装や職業の制限をされ、戸籍などの文書にも身分が記載された。
     1971年に解放令が公布されエタ・非人制度が廃止され、法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。