[3024]著作権法 近畿大学通信教育レポート[平成25年4月~平成27年3月]

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数558
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.図書のデジタル化に於ける問題点について

    2.著作者人格権の侵害

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.図書のデジタル化における問題点
     図書をデジタル化することによって、スマートフォンやタブレットPCで容易に持ち運べる環境ができつつある。しかし、図書の著作権を保護するためには、現時点では様々な問題がある。
     第1に、第30条で掲げる私的利用のための複製の問題である。
     図書をデジタル化するということは、容易に複製ができるということである。また、それらは、インターネット上にアップロードすれば、容易に拡散されてしまう。もちろん、
    アップロードに関しては、第23条で保護される公衆送信権に違反している。しかし、ダウンロードはどうであろうか。現行法では、映像と音楽は違法であると第30条で定められているが、図書に関しては触れられていない。
     また、昨今において、図書をデジタル化するサービスも数社で提供されている。この業者も、顧客から預かった図書をデジタル化して、それを顧客に返送し、デジタル化したデータを削除すれば、まだ大きな問題はない。しかし、これを削除せずに保有していた場合は、明らかに私的利用のための複写の域を超えている。
     さらに、最近では個人で裁断機とスキャナを用意し、デジタル化する者も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。