超過保険と重複保険の関係について論じなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数521
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅰ 保険金額の意義
     保険金額とは、保険会社と保険契約者との間で定められた契約金額のことをいう。この契約金額とは、保険契約で定められた保険金が支払われる事由である保険
    事故の際に、保険会社が支払う保険金の限度額のことを指している。
    ちなみに、保険事故が起こった場合に保険会社から実際に支払われるお金は「保険金」という。
    通常、保険金と保険金額は同義であると思われているが、損害保険において、保険金額の保険価額に対する割合や損害の程度により保険金が変動するため、保険金と保険金額が必ずしも一致するわけではない。
    Ⅱ 超過保険の意義
    超過保険とは、損害保険で当事者が約定した保険金額が保険価額より大きい保険のことをいう。
    保険金額とは、前項で説明したとおりである。損害保険に限ると、保険会社が損害のてん補として給付する金額の最高限度額のことをいう。
    対して保険価格とは、被保険利益を金銭に評価した額のこと、つまり、保険事故が発生した場合に、被保険者が被る可能性のある損害の最高見積額のことをいう。
    よって、超過保険とは、保険会社がてん補する最高限度額が、被保険者が被る可能性のある損害の最高見積額より大き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。