合格しやすいレポートの書き方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,826
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    過去の経験を元に、合格しやすいレポートの書き方をまとめました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    合格しやすいレポートの作成方法
    1.合格しやすいレポートとは
      合格しやすいレポートとは、内容が非常に充実しているレポートではなく、記載してある内容について、どの程度理解できているか判断できるレポートである。
      そもそも、レポートは講義や教育内容を理解できているかどうかをはかるツールであり、マークシートの試験とは違って添削者が1枚ずつ、その内容を確認する。そのため、添削者で「分かりやすい」「筋が通っている」と思ってもらわなければならない。つまり、非常に深い内容についてレポートしていても、その書き方が悪ければ筋道の通っていないレポートと見なされ、不合格となる可能性がある。
    2.レポートを作成する前に
      合格しやすいレポートは、その内容が分かりやすく無くてはならない。
      「○○について論じなさい。」「○○について説明しなさい。」という設題の場合、その○○について、どのように記載するかによって、印象が大きく変わってくる。
      また、合格しやすいレポートを少しでも早く書き上げるならば、自分自身がその設題で求められている解答を整理しておかなければならない。
      そのために、まずは設題を読..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。