近畿大学通信レポート(民事訴訟法)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数800
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <レポート設題>
    西宮市に住むXと東大阪市に住むYとの間には争いがあり、それぞれ以下のような言い分がある。この訴訟の開始から終了にいたるまでの手続きの過程を説明しなさい。
    (なお、Xが提起すべき訴えの具体的な内容や、また、訴訟の経過等の説明にとって不可欠と考えられる事実関係については、各自が任意に補充すること。)
    (Xの言い分)
    私は、平成22年4月29日、阪神競馬場で大学時代の友人Yと偶然に出会いました。その日、私が購入した馬券で高額の払戻金を獲得したところ、Yが経営する会社の運転資金にどうしても必要だというので、同場所で、私はYに対して、返済期日を1年後という約定で、150万円を貸し付けました。しかし、返済期が到来しても、Yは150万円を返してくれません。
    (Yの言い分)
    私がXから150万円を受け取ったのは間違いありません。しかし、Xは競馬で大儲けをして急に気持ちが大きくなり、それを私にくれるというので貰ったもので、返す必要はありません。
    仮にその150万円が借りた者であるとしても、あとのレースでそれを資金として購入した馬券で私も大きく儲けたので、感謝の気持ちを伝えながら160万..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。