博物館概論・経営論(Ⅱ分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数859
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    博物館概論・経営論(分冊2)
    設問   →博物館経営ににあたり、規制緩和の流れを受けた新たな制度が導入されつつある。その制度を上げると共に課題について述べよ。

    ポイント  →経営悪化から博物館等文化施設への経費削減等の問題が生じている。行政のスリム化と効率化の中での新制度であるが、 課題も山積している。まず、新制度がどのようなものか理解する必要がある。

    キーワード→独立行政法人制度、指定管理者制度、新公益法人制度。

    平成23年 合格をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    博物館概論・経営論(分冊2)
    設問    →博物館経営ににあたり、規制緩和の流れを受けた新たな制度が導入されつつある。その制度を上げると共に課題について述べよ。
    ポイント  →経営悪化から博物館等文化施設への経費削減等の問題が生じている。行政のスリム化と効率化の中での新制度であるが、課題も山積している。まず、新制度がどのようなものか理解する必要がある。
    キーワード→独立行政法人制度、指定管理者制度、新公益法人制度。
    i
    参考 http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa02/shakai/index.htm文部科学省(社会教育調査)
      参考http://www.cao.go.jp/gyouseisasshin/contents/14/new-system-for-charitable-corporation.html内閣府(新公益法人制度)
     この状況を踏まえて1999年に独立行政法人通則法が施行され、国の直轄だった施設は独立行政法人となり運営されている。それだけではなく地方自治体の管轄していた施設に関しても、公設財団に委託されていた全ての施設..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。