博物館概論・経営論(Ⅰ分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数707
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    博物館概論・経営論(分冊1)
    設問→   現代社会における博物館の役割とは何か。交わせてその活用について述べよ。

    ポイント  →生涯学習機関としての博物館。多様な社会の要望のもとで、博物館活動の活性化をはかるために、学校教育や地域社会等々といかに連携をとるか。また、博物館における文化創造とは何を図るのか。

    キーワード→生涯学習、学校・地域社会との連携、魅力ある博物館、文化財の保護。

    平成23年 合格をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     博物館概論・経営論(分冊1)
    設問    →現代社会における博物館の役割とは何か。交わせてその活用について述べよ。
    ポイント  →生涯学習機関としての博物館。多様な社会の要望のもとで、博物館活動の活性化をはかるために、学校教育や地域社会等々といかに連携をとるか。また、博物館における文化創造とは何を図るのか。
    キーワード→生涯学習、学校・地域社会との連携、魅力ある博物館、文化財の保護。
     博物館は人類にとって歴史的に価値がある様々なものを収集・展示することによって広くその価値を人々に共有することが第一である。加えて現代社会に求められる博物館の役割としては、学校などの教育機関と連携しその教育活動の補完的役割を果たす事、さらに近年高まってきた生涯学習などの意欲的学習への取り組みを支援する機関として位置し、それは結果的に周辺地域住民との関わりを強め地域社会との連携で発生する付随的な効果として、人々の中で文化財保護思想の向上と地域社会の活性化が見込まれる。
     まずはじめに、学校教育の補完的役割としては、学校教育が行われる時期というのは人間形成の過渡にあり感受性が優れている時期でもある。博物館に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。