商学総論MA 試験レポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数499
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    商業を研究する意義について考える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商学総論MA 試験リポート
    課題「商業を研究する意義について述べなさい。」
    商業を研究する意義について考える。商業とは商品やサービスを生産者から消費者への社会的な移転過程における流通現象を対象とし、生産と消費を統合し、かつ整合性を確保することを本質的機能および目的としている。
     経済学の研究対象とする経済事象は、個別経済の意識的・主体的な経済活動と、社会的・総合的な無意識的経済現象との二つが認められている。前者は、生産者より消費者に至る商品の移転を、経営的・個別経済的に研究するという視点で、経営学の一分科としての商業経営学の研究対象である。後者は、経済的あるいは国民経済的に研究する流通現象の視点で、社会経済学・国民経済学の一分科としての商業経済学の研究対象である。
     商品の移転に関する研究も、二つの立場において研究することができる。商業経営学的商品流通の研究は、個々の商業活動、商品取引過程を研究の対象とし、生産と消費の合理的統一と経済的合致、流通活動の合理化と能率増進を目標としている。
     これに対して、商業経済的商品流通の研究は、個々の商業活動の結果としての無意識的、総合的な社会的関係..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。