合格レポート!法学 分冊1 法源の意義と種類

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数481
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    法源の意義と種類について述べる。
    法源とは、法の存在形式であり、法を知るための手段でもある。一般的に裁判官が裁判を行う際に、どのような法の内容が適用されるかという基準のことを示す。仮に裁判官が勝手に任意の判断で裁判に臨むことになったら、それは大変なことになってしまう。中立公正な法による裁判を行わなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法源の意義と種類について述べる。
     
     法源とは、法の存在形式であり、法を知るための手段でもある。一般的に裁判官が裁判を行う際に、どのような法の内容が適用されるかという基準のことを示す。仮に裁判官が勝手に任意の判断で裁判に臨むことになったら、それは大変なことになってしまう。中立公正な法による裁判を行わなければならない。
    自力救済や私的制裁を回避して公平な判断を行うためには、裁判システムに対する信頼も重要である。自力救済とは自分で自分の権利を守るための救済や回復を図ること、私的制裁とは法によらず私人が勝手に加える制裁であるが、私的制裁では、被害者が加害者に対して過剰なまでのペナルティーの付加をかけてしまうことになる。 もし裁判所の判断に信頼が置けないようであれば、人々は野蛮な自力救済や私的制裁へ走ってしまう可能性がある。
     そのような人による裁判を回避して法による裁判を行うためにも、裁判所が法に基づいて的確な判決を下すことが重要になってくる。この正しさや法を媒介したものが法源である。裁判制度に対する信頼は、この法源を明らかにすることと深く関連していると言える。
     法源には裁判官が制度的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。