合格レポート! 歴史学 分冊2 ジョン=ウェスレー・E=アレヴィ・イギリス・近代

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数678
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テキスト「歴史学(第四部~第八部)」から時代及び地域が共通する2~3名の人物を選び、彼等の生きた頃の 時代概観及び地域の在り方を論述する。私が選択したのは「ジョン=ウェスレー・E=アレヴィ・イギリス・近代」である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     テキスト「歴史学(第四部~第八部)」から時代及び地域が共通する2~3名の人物を選び、彼等の生きた頃の 時代概観及び地域の在り方を論述する。私が選択したのは「ジョン=ウェスレー・E=アレヴィ・イギリス・近代」である。
     イギリス産業革命の後、イギリス全土には多くの産業都市が大変な勢いで発展していった。綿工業を中心に産業革命の拠点となったマンチェスターでは人口が急増し重要産業都市になっていたが、同市以外にもバーミンガム(金属工業)、リヴァプール(奴隷貿易で発展、外港都市として繁栄)、ブリストル(奴隷・砂糖・タバコ・造船業)等といった都市が、次々とロンドンに並ぶほどに巨大都市化した。
     これらの都市では、商業資本主義から産業資本主義への移行が達成され、産業資本家があらゆる分野で資本主義体制としての支配的地位を確立した。マニュファクチュア(工場制手工業)から工場制機械工業への転換によって、肉体労働者や熟練工に代わり、機械操作を主とする低賃金の女性や子どもらが増加したが、労働条件が劣悪化し、低賃金・長時間労働、待遇の劣化が起こってしまった。特に衛生管理が不完全なために、一八三〇年頃にはコレラ等..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。