佛教大学 美術概論Ⅰ 試験対策 6題 2012年 80点合格 S0606【テスト】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,539
ダウンロード数193
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学、美術概論の科目最終試験対策です。新問題に対応しています。
    憶えやすいように、キーワードで構成しています。
    また、キーワード相互間の関係をできるだけ明らかにし、理解しやすいようにしました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0606 美術概論Ⅰ 科目最終試験
    1.明治時代の美術教育について概説すること。その際、以下の3つの用語を必ず使用し、用語の箇所に下線を付すること。
     鉛筆画教育、毛筆画教育、新定画帖
    2.平成20年版学習指導要領(図画工作)に示された「指導計画作成上の留意点」について概説すること。その際、具体的に3つ以上の留意点を示して、それぞれについて説明すること。
    3.図画工作科における評価と評定の相違、それぞれを実践する上での留意点について説明すること。その際、以下の3つの用語を必ず使用し、用語の箇所に下線を付すること。
     評定、形成的評価、相対評価
    4.答案の冒頭で平成20年版学習指導要領・図画工作「教科の目標」を正確に示し、その意義・構成等について論述すること。
    5.大正時代・昭和時代(戦前)の美術教育について概説すること。その際、以下の3つの用語を必ず使用し、用語の箇所に下線を付すること。
     山本鼎、臨画、小学図画
    6.教育史における「美術の教育」「美術による教育」に関する主張ついて論述すること。その際、以下の3つの用語を必ず使用し、用語の箇所に下線を付すること。
     創造主義美術教育、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。