S0104 教育方法学 第1設問(A判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数920
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年3月提出の佛教大学、通信教育課程、教育方法学、第1設問のレポートです。A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して、主体的な学習を基本とする授業についての設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点ごとにまとめて、授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。   
    ⇒近年我々を取り巻く社会は急速に変化している。教育というフィールドにおいてもその変化は極めて顕著であり、刻一刻と進む変化を柔軟に捉え対応することが重要であると言えよう。従来、教師という言葉から連想されたものは教師から生徒への一方的な知識伝達であった。如何にして知識を与え続け詰め込むかを重視した従来の教育が見直され始めた結果が、「ゆとり教育」、生きる力の育成、総合的な学習の時間導入、基礎基本の重視、画一的でない特色ある学校作りといった様々な改革の実施である。また、インターネットの爆発的普及に例をみる情報社会化の広がりにともない、教育においての情報化が叫ばれるようになったのも昨今のことである。このように、現代社会における教育へのニーズや環境の変化に教育現場は一歩一歩対応しているように見えて、その実蓋を開けてみれば本当に必要とされているものが供給できているのかは甚だ不透明である。先が読めない現代、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。