S0532 生徒指導・進路指導の研究(初等) 第1設題 レポート A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数524
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生徒指導・進路指導の研究(初等)のレポートです。
    参考にお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。』
     文部省の定義によると、教育相談とは、一人ひとりの児童・生徒の教育上の諸問題について、本人またはその親、教師などに、その望ましいあり方について助言指導することであり、個人のもつ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助をはかるものであるとされている。生徒指導の最終目的である自己指導能力の育成を促すためにも、教育相談は重要な一側面なのであるが、近年問題となっているいじめや学級崩壊、不登校、そして家庭での問題や学習に対する困難を抱える児童・生徒たちが増えている状況のなかで、教育相談の役割がますます大きくなっている。
     教育相談には3つの活動の種類がある。まず、開発的教育相談であり、勉強の遅れている子どもに対して個別指導を行ったり、勉強方法のコツを教えたりする学業相談などである。2つ目は治療的教育相談で、適応相談とも呼ばれ、情緒的な問題を抱えた子どもに対して、問題の所在を明らかにし、治療的に関わることによって、問題解..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。