【理科教育】 1単位目 明星大学 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数307
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 理科教育 1単位目
    参考文献「未来の先生たちへ」小原茂巳著(仮説社) 配本2011年度~
    課題1、「児童・生徒が歓迎する理科の授業とはどういうものか」についてテキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
    課題2、理科の授業における「予想」の意義について述べよ。
    課題1
    児童生徒が歓迎する理科の授業とはどういうものか。ひと言で言えば、それは楽しい授業である。しかし、教師が楽しい授業をしたいと願うだけでは、楽しい授業を実現させることはできない。具体的な内容と手立てが必要となる。
    まずは、問題の選定が重要である。それは、日常的な経験から知っていてもよさそうだが、実はよく知らず、その結果を知りたくなるような問題である。例えばP30の「豆電球のガラスを割ったら豆電球はつくのか」というような問題である。つまり、考えるに値する問題であり、思わず考えてみたくなる問題だといえる。このような魅力的な問題を提示するには、学ぶに値すること、教えるに値することは何かということを、日頃から追求していなければならない。そうすることで、観察力が磨かれ、日常を教材化することができると考える。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。