【教育方法学Ⅰ】 2単位分セット 明星大学 合格レポート ★お買い得★

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数186
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2単位分のレポートです。
    2011年度の課題に対応しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 教育方法学Ⅰ 1単位目
    参考文献「教育方法の理論と実践」小川哲生・菱山覚一郎著(明星大学出版部) 配本2007年度~
    課題1、我が国の教育方法の歴史をまとめた上で、今後の課題を整理せよ。 課題2、問題解決学習について調べ、具体的な実践例を考えよ。
    課題1
    教育の方法が意識されるようになったのは、江戸時代あたりである。この時期は、手本から学ぶことが重視されたので、学習者の興味や発達に適した手本が重要であった。明治期の教育は、教科書を使って一斉に授業を行う画一的な一斉教授が多かった。明治中期以降は、特に教授段階を明確にするという、ヘルバルト学派の影響が強かった。臣民の育成や教育内容の統制に効果があったといえる。大正期に入ると、新教育運動が生まれた。画一的な教育でなく、思考や活動を重視し、子どもの個性や学力に沿った指導をめざして教育方法が改革された。こうした運動は公教育には普及しなかったが、戦後の新教育に影響を与えている。昭和に入ると、国家主義の統制が強化され、定められた教育内容や徳目を教授する教育方法であった。一方、生活綴方や郷土教育といった民間発祥の運動も生まれた。小さな運動で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。