【情報学概論】 4単位目 明星大学 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数156
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 情報学概論 4単位目
    参考文献「情報システム学へのいざない改訂版」浦昭ニ・細野公男・神沼靖子・宮川裕之共編著(培風館)
    配本2010年度~
    課題1、情報システム学の研究の考え方および方法論をまとめなさい。
    課題2、情報システム教育に関する現状、課題をまとめなさい。
    課題1
    情報システムは、あらゆる段階において人間とともに機能する社会的存在である。したがって、情報システムの研究も、単なる技術研究だけでなく、人間や社会そのものへの関心を反映したものとなる。Peter Keen      は組織や社会における情報技術のデザイン、デリバリー、利用、影響を研究し、実践を改善することが重要だと述べている。情報システム学の特徴のひとつは学際性をもつことである。つまり、情報システムの研究は問題志向的で、その研究アプローチは多様であり、様々な分野の理論や方法が適用されうるのである。もうひとつの特徴は役立つかどうかという実践性が重視されることである。対象を観察するだけでなく、システム開発として対象をつくりだす必要があるからである。
    情報システムの研究の全体像を明確にし、研究のターゲットを選択する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。