【初等図画工作科教育法】 2単位分セット 明星大学 合格レポート ★お買い得★

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数457
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2単位分のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 初等図画工作科教育法 1単位目
    参考文献「平成20年告示 新学習指導要領による図画工作科指導法 理論と実践」
    大学美術指導法研究会・藤江充・岩崎由紀夫・水島尚喜著(日本文教出版) 配本09年度~
    課題1、テキスト内の「図画工作科教育の意義と目的」(第1章)について、1000字程度に大意要約せよ。 課題2、テキスト内の「学習指導案の作成について」(第3章内)の「1教材研究に基づく学習の構想」から
    「2指導案に必要な記述事項」までを、1000字程度に大意要約せよ。
    課題1
     図画工作科教育の意義と目的は何だろうか。児童と指導者が、図画工作科で扱う性格や内容に、どのような意味や価値を見出すかが、当教科の意義となると考えられる。図画工作科の意義や目的の把握に課せられる基本的な命題は2つである。1つ目は、造形的表現活動はどのようなものであるかということである。これは、いかなることを取り扱う教科なのかという、教科の性格や意義に関連する命題である。二つ目は、指導可能なこととは何かということである。これは、性格的に把握された内容を、小学校学齢期の児童に対し、指導者がいかに意義や価値観をもって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。