【初等生活科教育法】 1単位目 明星大学 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数189
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 初等生活科教育法 1単位目
    参考文献「平成20年学習指導要領対応 生活科の授業づくりと評価」高浦勝義・佐々井利夫共著(黎明書房)
         配本2009年度~
    課題1、生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。 課題2、第1学年または、第2学年における年間指導計画を構想せよ。
    年間を通して大単元を中心に要点を述べること。書く形式は自由とする。
    尚、想定した地域の都道府県名、市町村名を示すこと。
    課題1
    本論では生活科の年間指導計画の作成上の留意点について、6つの視点から述べる。
    1つ目は、児童の実態に対応するということである。実態を知るためには、児童の興味・関心や身につけている習慣などを事前に把握しておかなければならない。また、学習活動の中で児童を観察し、一人ひとりの個別性や協同性を理解するとこも必要である。さらに、家庭や幼稚園などと連携し、指導方法に対しての理解を深めることも重要である。
    2つ目は、地域の環境を生かすことである。地域は児童にとって絶好の学習の場である。地域を教材として活用しなければならない。そのためには、地域の人々と連携して、地域や地域での児童の体験について深..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。