【体育科教育Ⅰ】 2単位目 明星大学 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数212
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 体育科教育Ⅰ 2単位目
    参考文献「テキスト保健体育」出村慎一、松沢甚三郎、多田信彦、島田茂、池本幸雄著(大修館)
    配本年度11年度~
    課題 子ども達の運動技能習得の仕組みと効果的な習得のさせ方について考察せよ。
    運動技能とは、練習やトレーニングを行うことでもたらされる、技術が身についた状態、あるいはその技術を用いて運動を遂行することのできる個人の能力のことである。したがって、運動技能を習得するには、基礎となる動きが正確にできるようにならなければならない。ひとつひとつの基礎となる動きが連動して、一連の運動となるからである。
    基礎となる動きと運動技能の習得は、神経系の働きと深い関係がある。神経系は、受容器、感覚神経、運動神経、効果器という順序で情報を伝達する。中枢神経には情報を処理し命令を出す機能があるが、この神経の回路は固定した構造ではなく、たえず変化を続けている。情報を送り込む側であるシナプス前ニューロンが繰り返し刺激されると、シナプスの化学変化などによって、シナプス伝達の効率が向上する。また、シナプス同士の結合の仕方も、より情報を伝達しやすいように変化する。つまり、一定の動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。