【児童心理学】 3単位目 明星大学 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数139
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 児童心理学 3単位目
    参考文献「第2版子どもの発達と環境」塚田紘一著(明星大学出版部) 配本09年度~
    課題1、知能の発達に影響する環境的要因および心理的要因について述べなさい。 課題2、フラストレーション耐性について説明し、その育成の要因について述べなさい。
    課題1
    知能とは何かということに関しては、今でも一致した見解は得られていない。しかし、知能の中核に関連しては、3つの考え方が存在している。それは、知能を「学習能力」とする考え方、「抽象的思考能力」とする考え方、「環境への適応能力」とする考え方である。また、知能の構造については、因子分析による研究が進められている。スピアマンは2因子説を唱えた。知能は一般因子と特殊因子という2つの精神的能力からできているという考えである。また、サーストンは多因子説を唱えた。スピアマンの一般因子はいくつかの基本的な因子の集まりであり、7つの因子を基本的精神能力とする考え方である。他にも、キャッテル、ヴァーノン、ギルフォードなどによって様々な説が提出されている。
    では、知能発達の要因にはどのようなものがあるか。環境的要因と心理的要因が考えられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。