【児童心理学】 1単位目 明星大学 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数165
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 児童心理学 1単位目
    参考文献「第2版子どもの発達と環境」塚田紘一著(明星大学出版部) 配本09年度~
    課題1、横断的方法・縦断的方法、発達研究法としての事例研究法について説明しなさい。 課題2、愛着(アタッチメント)の形成とその発達的意義について述べなさい。
    課題1
    横断的研究法とは、同一時点で様々な年齢の多くの子どもに同じ測定や検査を行い、各年齢群の代表値を算出し、発達過程などを明らかにする方法である。これまでの発達の一般的傾向に関する資料の多くは、この方法で収集されてきた。長所は、短期間かつ少ない経費で大量のデータを集めることができ、発達の大きな傾向を把握しやすいことである。短所は、資料として発達の一般的傾向しか得られず、発達的変化に関わる変数まで明らかにすることができないことである。例えば、横断的研究法で描かれる発達の奇跡は加齢による影響だけでなく、時代的な背景からも影響を受けるので、両者を区別できない。また、長期間における被験者の確保が困難であることも短所である。
    縦断的研究法とは、一定の対象の子どもを長期的に追跡して、繰り返し検査、測定、面接を行い、同じ側面の資料..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。