【教育課程論】 4単位分 明星大学 合格レポート ★お買い得★

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数254
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    4単位分のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 教育課程論 1単位目
    参考文献「現代教育課程入門」 鯨井俊彦・青木秀雄・林幹夫編著 (明星大学出版部)配本09年度~
    課題1、教育課程とはどういう意味か、それが教師や子どもにとってなぜ重要なことといえるのかについて具体的に論じなさい。
    課題2、戦前の教則、学科課程、教科課程などを取り上げてその特徴を述べ、併せて、戦後の学習指導要領に示された「試案」や「告示」の持つ意味との違いを中心にまとめなさい。
    課題1
    教育課程について理解するため、まずは4つの項目をまとめる。その後、教育課程の重要性について述べる。                    
    一つ目に、教育目的・目標と教育課程について述べる。教育基本法や学習指導要領では、教育の目標として自己実現や社会的責任などが述べられている。そのような目的・目標を達成するのに必要な教育内容の選択と配列が、教育課程である。
    二つ目に、教育内容・方法と教育課程について述べる。教育内容は、「教科」・「教科内容」として整理・構成され、「教材」として具体化される。幅の広い教授の内容や教材の区分・構成などを含めた、こういった教育の内容を教育課程という..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。