【教育課程論】 3単位目 明星大学 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数76
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 教育課程論 3単位目
    参考文献「現代教育課程入門」 鯨井俊彦・青木秀雄・林幹夫編著 (明星大学出版部)配本09年度~
    課題 「学習指導要領(2008[平成20]年3月告示)」の改訂の経緯やその特徴についてまとめ、さらに「第1章 総則」で述べられている「第1 教育課程編成の一般方針」についてもまとめなさい。
    はじめに、平成20年の学習指導要領改訂の経緯をまとめる。改訂の背景には、国際的な学力調査で明らかになった児童生徒の学習状況の課題や、子どもたちを取り巻く環境と社会の大きな変化がある。21世紀は「知的基盤社会」であり、グローバル化が進み、国際競争と技術革新が加速する。したがって、確かな学力を核とする「生きる力」がより重要となる。しかし、PISAなどの調査結果では、我が国の児童生徒には、思考力、読解力、学習意欲、自己評価といった面で課題があることが明らかになったのである。
    これらの状況を踏まえ、平成17年2月に文部科学大臣が、国の教育課程の基準全体の見直しについて検討するよう、中央教育審議会に対して要請を行った。これを受けて中央教育審議会教育課程部会では、平成17年4月から学習..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。