【法学】 3単位目 明星大学 合格レポート 222

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数254
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    法学憲法明星レポート

    代表キーワード

    明星大学法学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 法学(日本国憲法を含む) 3単位目
    参考文献「法学」児玉誠・北岡勲著(明星大学) 配本2011年度~
    課題1、憲法の意義と近代憲法の原則
    課題2、憲法第22条1項の居住・移転の自由と職業選択の自由
    課題1
    憲法とは、国家統治の基本体制または根本的秩序を定める法規範全体のことである。このような根本法または基礎法としての憲法は、実質的意義の憲法と呼ばれる。初期の発達段階にある原始国家や古代国家であろうとも、権力的秩序をもって国家を統治する以上、実質的意義の憲法は必ず必要とされる。また、実質的意義の憲法の中でも、自由主義に立脚する憲法は近代憲法と呼ばれる。一方、憲法が成文憲法典としての法形式をとる場合、これを形式的意義における憲法という。形式的意義の憲法は、実質的意義の憲法の内容が反映されるので、両者の合致する範囲は広い。ただし、成文憲法典の外に憲法的慣習が存在したり、実質的意義の憲法が法律や命令に含まれたりすることもあるので、両者は厳密に一致するわけではない。
    それぞれの国の状況に合わせて成立した近代憲法は、次のような原則を持っている。1つ目は、国民の政治参加の原則である。この原..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。