【特別活動研究】 1・2単位分 明星大学 合格レポート ★お買い得★

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数280
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2単位分のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 特別活動研究 1単位目
    参考文献「第2版 特別活動の展開」 鯨井俊彦編著(明星大学出版部) 配本09年度~
    課題(1問選択)
    1、なぜ、小学校教育の中で特別活動が必要なのか、その理由と特別活動の果たす役割(意義と特質など)についても述べよ。
    2、戦後の教育課程の変遷で、教科外活動がどのように位置づけられてきたか、についてまとめなさい。
    ※本レポートでは1を選択
    特別活動は、児童生徒の人間として調和のとれた育成を目指す、授業のような一定の様式的な枠組みではとらえられない、多様で自由度の高い活動である。日本の学校教育課程は、教科指導を通して、知識や技術を育成し、科学的認識能力を形成する機能を持つ「教科課程」と、心情や意志、態度など、人格と直結する価値観を形成し、道徳性を育成する「教科外課程」によって編成されている。特別活動は後者の教科外課程に含まれる。では、特別活動の内容はどういうものか。小学校学習指導要領に示されているのは、「学級活動」、「児童会活動」、 「ク  ※ラブ活動」、そして「学校行事」である。学級活動で は、学級集団を基礎単位として、学級や学校の生活づくり、日常の生活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。