家庭科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数670
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の家庭科教育法のレポートです。A判定いただきました。参考程度にお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『テキストに示されている家庭科授業づくりの工夫(13項目)の中から、2つ以上取り入れた小学校家庭科の学習指導案を作成しなさい。』
    学習指導案に取り入れる項目
    2:食育の推進をねらった指導
    5:環境への配慮をした指導
    日時・場所  平成24年9月10日
    学年・組   第5年1組(在籍30名)
    題材名『わたしたちと食物』
    題材の目標
    ・食べることを通じて自分自身の食生活に関心を持ち、よりよい食生活を営んでいこうとする態度を育てる。【関心・意欲・態度】
    ・調理のめあてや食品にあった調理、環境に配慮した調理の仕方を工夫する。【創意・工夫】
    ・調理に必要な食品や用具の安全で衛生的な取り扱い、及びこんろの安全な取り扱いが分かり、簡単な調理ができる。【技能】
    ・食品に含まれる栄養素の種類や主な働きなどその特徴を知り、いろいろな食品を組み合わせてとる必要性がわかる。【知識・理解】
    指導計画(全9時間)
    ☆第1次 1日の食事を調べてみよう
    ・第1時 1日の食事内容を調べ、気づいたことを話し合う。
    ・第2時 食べたものの材料や調理方法について考える。
    ☆第2次 なぜ食べるのか考えよう
    ・第3時 食事の必要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。