教育方法学レポート 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数228
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。
     現代の社会は「生涯学習社会」や「情報社会」といわれるようになった。インターネットを使えば欲しい情報を容易に集めることができ、多様な方法で学ぶ機会がある。進化し続ける科学技術に順応していくことで、ますます便利で快適な生活が送れるようになる。その一方で、格差社会ともいわれているように、深刻な格差問題が拡大、定着している。格差問題は学力低下につながるため、解決するには基本の学力を見直すことが必要である。
    「勝ち組」「負け組」という言葉が言われるように、経済的格差や教育格差は人の人生を左右するほど大きな問題であり、経済的な格差が教育格差をますます進めるという悪循環に陥る。不況の影響で失業、リストラ、非正規雇用の増大、また就職難などで所得水準にも差が出て経済格差は広がる一方である。親の経済力によって、子どもの教育の機会や職業選択に与える影響が出ている。そこでまず、経済格差が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。