薬理学講義ノート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数906
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    薬理学の講義ノートです。講義内容のメモなので、必ずしも薬理学全体が網羅されているわけではありません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (薬物動態学)
    コンプライアンス、吸収、分布(脂溶性 脂溶性でなければCNS→タイトジャンクションBBB、脂肪)、代謝、排泄→個人差有
    □吸収
    ・非イオン分子の拡散:Fickの法則;移動率=濃度差×透過係数/厚さ×面積
    ・Henderson-Hasselbalch の式:pH=pKa+log非プロトン化分子/プロトン化分子
    ※尿のpH操作で毒物の早期排出ができる→アルカリで弱酸を排出
    □分布容積volume of distribution 別名みかけの分布容積
    (Vd)=生体内全薬物量/血中濃度
    薬物量X を投与 濃度をc とすると分布量はVd
    むしろX=Vd*C  これは一次コンパートメントの特徴
    C がどんどん小さくなればVd がおおきくなる  ex.すぐに中枢に取り込まれる
    逆に血中に多く存在するとVd は小さくなる  血漿タンパクに結合しやすい
    Vd によって薬物結合量は変わってくる(アルブミン、肝炎、肝硬変、ネフローゼなど患者のバックグラウンド)
    □クリアランス
    ・Cl=単位時間あたりの排泄量(除去速度) [g/hour]/血中濃度[g/L]=[L/hour]
     どれぐらいの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。